【起業・個人事業主】売上と経費について-起業したら、お金の管理をしっかりしましょう。

個人事業主(フリーランス)として独立したら、日々のお金の管理を自分でしなくてはなりません。

具体的にどのようにしていけばいいでしょうか?

 

事業分とプライベート分をしっかり分けよう!

まず、事業分とプライベート分をしっかり分けることをオススメします。

特に個人事業主の場合、名義自体は変わらない()ので、以前プライベートで使っていた預金通帳をそのまま使っている方も多く見受けられます。

そのため、そのままプライベートで使ったクレジットカードの引落口座になっていたりして、一つの通帳の中で事業分のお金の取引とプライベートのお金の取引が混在しているケースが多くあります。

これでは、事業でいくら儲かって、いくらお金を使ったのか、すぐに把握することができません。

 

開業届を提出すれば、屋号で預金通帳を作ることができます。

 

売上はきっちりと把握しよう!計上漏れがないように。

まず、売上の金額をきっちりと把握しましょう!

売上に関しては、事業規模に関係なく、税務署は厳しいです。

意図的でなくても、売上の計上漏れは絶対にないようにしましょう。

振込での入金が多いなら、事業用の預金通帳を必ず一つ作りましょう。そうすれば、この通帳を見れば、売上を一目で把握することができます。

現金売上が多い場合は、要注意です

日々の売上を必ず、売上帳に記録するようにしましょう。

そして、可能であればその日の売上金を預金口座に入金するようにしましょう。

そうすれば、通帳に記録が残り、通帳を見れば売上をすぐに把握することができます。

また、通常は振込の入金が多い場合も、たまに現金での入金あった場合は、領収書を発行する、またはもらった売上金をすぐに預金口座に入金するなどして、売上漏れがないように気を付けましょう。

 

どんなものが経費になるの?

個人事業主としてスタートして、まず、悩むのは「どれが経費になるか?」ということだと思います。

結論から言うと、「事業に関係して支出した」ものであれば、経費にできます。

事業に関係して」というところがキーワードです。

事業に関係して支出したものであれば、金額に関係なく、(大きくても、少額でも)経費とすることができます。

そして、経費についても、預金振替が可能なものは、できるだけ事業用の預金口座を引落口座としましょう。

そうすれば、キチンと記録も残ります。

また、経費にできるかどうかと判断に迷う時は、とりあえず、領収書(レシートで可)を取っておきましょう。

領収書があれば、決算時に専門家に聞いて判断することもできます。

 

このサイトをフォローする!